英語不規則動詞の重要性!

今、生徒たちには英語の不規則動詞の暗記を行ってもらっています。

学校のテストが終わって、春休みに入ろうとするこの時期に単語の暗記を行うことをオススメします。

単語なんて覚えられない!!

学校で単語テストなんてないからいいじゃん!

そうです。ここのところ学校で「単語テストがある」ということを全くと言っていいほど聞きません。

だから、子供たちは単語をおろそかにしてしまっています。

言語は言葉を知らないと何もできません。

単語の重要性からお話をしますね!

英語の単語の重要性

英語苦手なんだよね・・・

点数が全然取れないよ。

英語の苦手意識は、やはりテストで点数が取れないから!

でも、それだけでしょうか。

そもそも、英語の教科書、英語の授業が何を言っているかわからないからではないでしょうか。

その原因はやはり

単語です!

わからない言葉が教科書の中、授業の中を駆け巡っては、嫌になるのもわかります。

例えば、TVの国会中継。

そんなの見ないかもしれませんが・・・(^^;

難しい言葉だらけですよね・・・

ましてや、国会議員だって寝ている有様(^^;

そんな授業だったら、嫌にもなりますし、テストと言われても、何も書けません。

私も嫌です!

でも、これが知っている言葉(単語)なら、どういう状況かはわかりますよね!

単語が分かれば、状況はわかるけど・・・

英語の授業ってつまらないなぁ・・・

そうなんです!中学校で習っている文章とかってつまらないんです。

こんなことを言ったら怒られますよね・・・

なぜかというと・・・

文章自体が、英語圏で考えると小学生に入る前とか、小学校上がりたてくらいのレベルの文章です。

それは、中学生にとってはつまらないですよね。

要するに、今の中学生が小学校低学年の国語の教科書で勉強をしているのと同じです。

とはいえ、ここはどうすることもできないのですが・・・

まぁ、英語圏の中学生レベルの英語を持ってこられても、余計に英語嫌いの人が増えるだけですからね。

とりあえず、英語の単語が重要だということがお分かりだと思います。

英単語を覚えるためには?

単語は重要なのはわかるけど、覚えるのが大変なんだよなぁ・・・

中学生が英単語を覚えるとなると、絶対に漢字練習のように、何度も何度も書いて覚えると思います。

それが、また嫌いになる原因です。

例えば、私たちが使っている日本語を考えてみて下さい。

確かに、小学生の時は漢字は練習して覚えなさいと言われてきました。

しかし、そもそも日本語を練習して覚えてきたでしょうか。

実際に、目にして、耳にして、口にして、使えるようになってきたと思います。

言語は全て同じです。

目、耳、口にして、体験することで使えるようになります。

言語を習得するには、その土地に行った方が早いというのは

こういうことからだと思います。

だからこそ、単語を覚えるために、単語練習をしてはいけないのです。

それじゃあ、どうやって?

前述しましたが、目、耳、口にすることが一番です!

ましてや、大学入試改革で、『文法』よりも『長文』『リスニング』の重要性がアップしました。

より、机上の勉強よりも日常で使える英語が大切になっているのです。

英単語の覚え方

では、実際にどうするかですが

今は、ネットという素晴らしいモノがあります。

YouTubeもありますよね!

ネットや、YouTubeは悪ではありません。使い方によって、一番のツールになります。

でも、ネットやYouTubeを使わせるのは怖くて・・・

うちの子、YouTubeずっと見ちゃうのよね・・・

そうですよね。

しかし、そこは使い方だと思います。

ルールを決めて、メリハリをつけていただけたらと思います。

フタをしてしまうから、開けたくなる!子供たちの心境だと思います。

ネットやYouTubeの使い方を、メリハリの付け方を知らないと、まず高校生になった時、苦労をします。

高校生
高校生

・ながらスマホ

・このゲームをやってから、課題をやろうっと!

・もう少しYouTube見てからっと!

そして、そのまま社会人になると・・・だからこそ、ルールを!

ここについては、また機会を改めてお話します。

では、英単語の覚え方です!

今回は、不規則動詞の覚え方!

これは、当塾生にはリンクをお渡ししています。

新中学2年生以上の方には、ログインしてチャットの部分を見ていただくとリンクが貼ってあります。

そちらに飛んでいただくと暗記を誘導しますので、そのまま流れに乗ってください。

目、耳、口で覚えるということを実践します。

塾生ではない方は、お問い合わせいただければ、リンクをお渡しします!

英単語不規則動詞の重要性

そして、本題の『不規則動詞』です!

中学2年生

不規則動詞とは・・・

日本語だと『勉強する』『勉強した』と語尾を変えると現在と過去が分かります。

英語も『study』『studied』と語尾を変えると現在と過去が分かります。

(※studyはyの前が子音なので、yをiに変えないといけないルール)

しかし、英語の中には『d』『ed』をつければいいというモノだけではありません。

『go(行く)』⇒『went』、『come(来る)』⇒『came』、『buy(買う)』『bought』など

これらは、覚えないといけません。

教科書や、様々な文献などは、基本的に『過去形』で書かれています。

過去のことを題材にすることが多いからですね!

となると、規則なく変わってしまう単語を覚えていないと、文章は読めません。

中学1年生の終わりからはこの『過去』の文章がメインとなり、様々な題材の文章が出てきます!

だからこそ、今『不規則動詞』を覚えた方が良いのです。

この重要性が子供たちにはなかなか伝わらず・・・

言っても伝わらない子は、とりあえず、覚えましょうって伝えています。

そして、もっと大変なのがここからです。

中学3年生

新中学3年生には、酷ですが、不規則動詞の過去分詞まで覚えてもらっています。

過去分詞

『go(行く)』⇒『went』⇒『gone』

『come(来る)』⇒『came』⇒『come』

『buy(買う)』⇒『bought』⇒『bought』

『read(読む)』⇒『read』⇒『read』

など

過去分詞は、中学3年生では必須単語です。

なぜかというと、中学3年生で習う文法の大半が不規則動詞を使うからです。

  • 受動態(受け身)(~される)
  • 現在完了(継続、経験、完了・結果)
  • 過去分詞(~された)

この過去分詞を覚えていないと、もっと英語が嫌いになっちゃうよ

でも、逆に言うと

この過去分詞を覚えれば、中学3年生の英語は好きになる!

正直言うと、好きになるかはわかりません。

でも少なくても、文章が何を言っているかはわかります。

英語不規則動詞の重要性!まとめ

単語を覚えるのは嫌だ!

無理!覚えられない!

  • なぜ、覚えられないのか?
  • なぜ、大変なのか?

それは、今まで『覚える』という行為をしてこなかったからです。

使っていない脳は動かせません。

大変なのは最初だけ、徐々にスムーズに覚えられるようになるよ!

『つらい』⇒『あきらめる』では、なにも進歩しません。

『つらい』⇒『もう少し頑張る』から始めましょう!

必ず、できるようになっていきます!

何度もお伝えしますが、『不規則動詞』は絶対に大切です。

これを覚えるだけでも、英語の見方が変わります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました