小山工業高等専門学校(小山高専)について

高校入試・大学入試

まだこの学校を紹介していませんでした!

先日、説明会もありましたのでその情報をシェアできたらと思います。

『小山高専』ってどういう学校?

工業高校と何が違うの?

『小山高専』に行くとその後は?

皆さんは、県立高校、私立高校に目が向きがちですが、もう一つの選択肢として『小山高専』があります!

『高専』は国が運営し、全国の都道府県に、ほぼ一校ずつ配置されています。

さて、『高専』って何をしているのか?どういった進路があるのか?

少しずつ見ていきましょう!

『小山工業高等専門学校』とは

『小山高専』って?

『小山工業高等専門学校』は栃木県内唯一の国立学校です。(全国の高専は51校55キャンパス)

  • 5年間の『高専本科』(←中学生はこちらに入学)
  • 2年間の『専攻科』(←『高専本科(5年間)』が終わり入学)

に分かれる。

『高専本科』は5年間の学校なので、短大卒とほぼ同様になります。とは言え、『小山高専卒』というブランドは普通の短大卒とは異なります。『学位』も異なります。

  • 『小山高専の専攻科』卒業は『大学(4年)』卒業と同様に『学士』
  • 『小山高専の高専本科』卒業は『準学士』
  • 『短期大学(2年間)』卒業は『短期大学士』

『高専本科(5年)』卒業後の進路は、様々です。

  • 『小山高専の専攻科(2年)』へ進学
  • 様々な有名大学へ編入(3年次からスタート)
  • 就職(有名企業)

そして、『小山高専の専攻科(2年)』へ進学した後は

  • 様々な有名大学院へ進学
  • 就職(有名企業)

となります。

通常の県立高校とは進む道が異なりますので、いろいろと把握しておかなければなりません。

『小山高専』の中身は?

『小山工業高等専門学校』は理系の学校です。

  • 機械工学科
  • 電気電子創造工学科
  • 物質工学科
  • 建築学科

あれっ?!工業高校と同じ?

なんか工業高校と同じように見えますが、全く異なります。

基本的には普通科高校と大学が合体した感じと思って下さい。

『小山高専』と工業高校との違い

工業高校は、普通科高校で身につける基礎知識を少なくします。その分、基礎知識がなくても学べる範囲で専門分野を学習します。

『小山高専(5年)』は、普通科高校で身につける基礎知識(高校3年間分)を学んでから、専門分野(大学4年間分)を学習します。

なので、『小山高専』は普通科高校と大学が合体した感じととらえて下さい。

もう少し突っ込んだ内容

  • 体験型の実験・実習授業が多く、高度な研究設備も充実
  • 国際交流機会が多い(グローバル教育)、海外研修旅行
  • 勉強しないと欠席が多すぎると、留年する
  • 私服、アルバイト、バイク、車などは自由(自己責任)
  • 専門分野の研究を個々で行う
  • 職員室などはない

実験、実習が多いの!楽しそう!

リケジョにはいいかも!

私服!?アルバイト!?バイク!?車!?

自由だねぇ

『小山工業高等専門学校』教育方針

育成する人材像

『今を見つめ、未来を創る技術者』

行動目標

  • 探究と創造に挑戦しよう
  • 思いやりの心を持とう
  • 心身を鍛えよう

教育理念

『技術者である前に人間であれ』

『小山工業高等専門学校』の一日

  •  SHR  8:40~8:45
  • 1時間目 8:50~10:20
  • 2時間目 10:30~12:00
  • お昼休み 12:00~12:55
  • 3時間目 12:55~14:25
  • 4時間目 14:35~16:05
  • 課外活動 16:05~18:30

1時限の授業時間は90分(科目により、50分の授業あり)

一日平均3~4時限の授業

90分?!しかも4時間だけ?!

高校と授業時間が全く違いますね。大学と同じです!ただ、通常の大学なら5限、6限まであるところが多いので、一日のコマ数としては少なめです。

課外活動(部活動)

各部活、同好会、愛好会

運動部

硬式野球部、柔道部、剣道部、陸上部、卓球部、バスケ部、サッカー部、バレー部、水泳部、空手道部、テニス部、バド部、ソフトテニス部

文化部

吹奏楽部、写真部、軽音楽部、シネマ研究部、エレクトロニクス研究部、機械工作研究部、自然生物研究部、文芸部、ハンドベル部、演劇部、茶道部、模型部

同好会・愛好会

女子サッカー同好会、女子バスケ同好会、デザイン同好会、音楽研究同好会、かわさきロボット研究愛好会、ワンダーフォーゲル同好会、天文愛好会、自転車同好会、ダンス愛好会、数学愛好会、競技カルタ愛好会、グローバルディスカッション愛好会

同好会、愛好会ってなんか大学っぽい!

『研究』と付く部活、同好会、愛好会が多いように感じます。

大学同様に、新しい部活、同好会、愛好会を設立可能のようです。

課外活動(高専のイベント)

  • 全国高専ロボットコンテスト
  • 全国高専プログラミングコンテスト
  • 全国高専デザインコンペティション

全国の51校55キャンパスの高専が競うイベントがあります。

『高専』自体、それぞれの都道府県に約一校です。ブロンド力は強くなります。誰もが知っている高校ですね!

『小山工業高等専門学校』学生の生活

〇通学(小山駅から学校へ)

  • コミュニティバス
  • 自転車
  • バイク(2年生以上、条件あり)
  • 自動車(学内の駐車場少、条件あり)

〇制服はなし(学生らしい服装)

〇昼食のための食堂あり

〇文具、飲食物などの売店あり

〇勉強に関係のないモノの持ち込み禁止(ゲーム機、カードゲームなど)

〇授業中のスマホ、携帯電話の使用禁止

私服!?食堂!?売店!?普通の高校にはない!!

こう見ると、『大学』と同じ感じです。

寮生活

  • 定員 251名
  • 入寮費 3,000円
  • 寄宿寮(半期分) 4,200円(個室)4,800円(相部屋)
  • 寮費(半期分) 31,000円
  • 冷暖房費(半期分) 17,000円
  • 給食費(1か月分) 39,600円
  • 寮生会費(年会費) 7,000円

寮も完備しています。というのも、数少ない『高専』です。遠方から入学する方もいるので!

説明会の際にも、県外の方が多く参加されていました。

『小山工業高等専門学校』入学金・授業料

  • 入学金 84,600円
  • 授業料 23,460円

★ 高等学校等就学支援金制度(1~3年生該当)

保護者の所得により公立高校と同額(月額9,900円)支給、増額あり

★就学支援新制度(R2年度実施)

高校教育の無償化(4~専攻科生)授業料の無償化・給付型奨学金の導(但し所得要件・成績要件がある)

要するに、条件により高専本科1年から専攻科2年(計7年間)無償で授業が受けられるかもしれない!

『小山工業高等専門学校』進学・就職状況

高専本科(5年間)200名の進路

  • 進学希望100名 100%
  • 就職希望100名(有名企業の技術職)100%

進学希望100名の進路

  • 有名国立大学60名(推薦入試あり)100%
  • 有名私立大学10名(推薦入試あり)100%
  • 高専専攻科30名

その後は・・・

  • 有名国立大学大学院
  • 有名企業技術職

進学率100%!?就職率100%!?

★就職率は100%でほとんどが学校推薦で1、2社目で内定

★進学率も100%『東京一工』『旧帝大』『筑横千首』『電農名繊』『金岡千広』『5S』などの有名国立大へ進学

『小山工業高等専門学校』入試概要

アドミッションポリシー(入学者受け入れ方針)

  • 科学技術への興味、基礎学力をもつ
  • モノづくりや実験が好き、積極的に取り組む
  • 課外活動等で活躍し、協調性がある

募集人員

  • 機械工学科 40名
  • 電気電子創造工学科 80名
  • 物質工学科 40名
  • 建築学科 40名

志願者倍率は、例年ほぼ2倍程度(推薦・学力ともに)

令和4年度入学者 入試

推薦選抜

  • 出願資格:評定平均4.2以上(1~3年5教科63以上)
  • 募集人数:定員の4割程度
  • 受験日:令和4年1月15日(土)
  • 試験方式:面接のみ (令和3年度では小論文もありました)
  • 選抜方法:調査書60%+面接40%(志望動機、自己PR、口頭試問、専門に関する質問)
  • 推薦選抜倍率:R3は2.4、R2は2.1、H31は2.2

※調査書は3年間9教科を得点化する(傾斜配点:数・理・英は✖2.0、副教科も重要)

調査書は各教科5点満点なので、数、理、英は各✖2.0なので、例えば数、理、英が各5点であれば、各10点に化けます!

それだけ、『小山高専』は理系人間が欲しいということです。

学力選抜

  • 募集人数:テインの6割程度(第4志望まで可能)
  • 受験日:令和4年2月13日(日)
  • 検査科目:国語、社会、数学、理科、英語(数・理・英は傾斜配点×1.5)
  • 選抜方法:学力検査66%+調査書34%(令和3年度までは学力71%、調査書29%)
  • 学力選抜倍率:R3は1.8、R2は2.0、H31は2.0

※学力検査は大学入試でも求められる『思考力・判断力・表現力』が問われる問題になります。過去問は『小山高専』HPに掲載されているようです。

※調査書は3年間9教科を得点化する(傾斜配点:なし、副教科重要)

試験当日も重要ですが、調査の比率が上がっているので、中学校生活も大切です。

★推薦、一般選抜ともに、『副教科も大切』と何度も説明を受けました。相当大切ということですね!

学力検査で入学した学生の平均点(100点満点)

  • 国語:78点
  • 社会:57点
  • 数学:65点(97.5点)
  • 理科:59点(88.5点)
  • 英語:77点(115.5点)
  • 合計:336点(436.5点)

(カッコ内は傾斜配点後の点数)

絶対的に数、理、英でしっかりと点数を取れないと合格できません。また、数、理、英が得意ではないと、5年間が苦しくなります。

まとめ

いかがだったでしょうか。『小山工業高等専門学校』!

とても魅力的な学校だと思いませんか?私なら、子供に絶対的に勧めると思います。

でも、まだ『小山工業高等専門学校』がどのくらいのレベルかお伝えしていませんでしたね!

そうそう、『小山高専』のレベルは?

では、お伝えしますね!

『小山工業高等専門学校』の栃木県内の偏差値は、総合的にみると『石橋高等学校』と同等くらいです。しかし、数・理・英に関しては傾斜配点となります。

ということは、『石橋高等学校』を超えないといけません。

推薦選抜では、中学校の内申書としても数・理・英に傾斜が掛かります。

とにかく、理系(数・理)に強い!実験、研究などを自分でやりたい!将来理系に進みたいという方にオススメです!

ぜひ、ご検討ください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました